製品検索:
 


高加速寿命試験装置(HAST装置) PC-R8/R8Dシリーズ




数々の優位性を誇る二槽式構造
二槽式不飽和型プレッシャークッカー



●優れた性能を誇る二槽式構造
試験槽と蒸気発生槽が独立した二槽式構造。
一槽式と比べ、試験槽(乾球)と蒸気発生槽(湿球)との間で及ぼしあう温度影響が
少なく、広い有効寸法と、幅広い使用湿度範囲を実現

●目的に応じた制御方式・排気モード
2つの制御方式
”塰囲太御・・・結露を防止し、65〜100%RHまで任意に湿度が設定できる
           不飽和試験モード。定置運転だけでなくプログラム機能との
           組み合わせもできます。立ち上がり立下りの勾配設定、湿度
           制御も可能
∨囲太御・・・・・100%RHの飽和試験専用モード。立ち上がりから100%RHを
           維持し、濡れる飽和試験とも呼ばれ、試料に結露が発生します。
           従来の飽和型プレッシャークッカーに対応した試験が可能です。
3つの排気モード
ー湘抂飮徐冷モード・・・・試験終了後、槽内温度100℃以下、槽内圧力「0MPa」
                  になるまで試験湿度を維持しながら徐冷します。
                 圧力ストレスや乾燥を防止します。途中取り出しの影響
                 を最小限に抑えた精度の高い試験が行えます。
∧歇称箋僖癲璽鼻ΑΑΑΑΑΑΑ試験終了後、試験槽内圧力が「0MPa」になるまで排気
                 は行わず、ファンにより空冷をする機構を採用。圧力ス
                 トレス・乾燥を最小限に抑えながら、湿度維持徐冷に比
                 べ短時間での冷却が可能となりました。
5淆排気モード・・・・・・・・試験終了後、すぐに排気弁を開き、短時間に排気・排湯
                 を行います。試験終了から取り出しまで最短時間で行え
                 ます。圧力ストレス等あまり問題としない試料に最適。
                 飽和型プレッシャークッカーとの互換性も得られます。
                     
●接続作業も楽々 庫内面電圧印加端子
験槽扉の内面に電圧印加端子を装着。バイアス試験時の試料との接続作業もチ
ャンバーの外側で楽々行えます。
電圧印加端子を20端子標準装備。さらに必要に応じてオプションで60〜80端子
まで増設可能。

●バイアス試験に最適 タイムシグナル端子
運転中に必要なタイミングで接点出力が取り出せるタイムシグナル端子を4チャン
ネル標準装備。試験条件到達検出やステップ毎のON−OFF設定が可能。
万が一の通電試験中のトラブル発生時には、安全装置と連動、接続を遮断しま
す。(PC-R8Dシリーズはオプション)

●希望時間に運転スタートできる自動スターター

●冷却タンクで安全排水

●扉の開閉がボタン操作ひとつ

扉インターロック機構や扉開閉確認機構などの安全装置も装備

●連続運転500時間可能




使続も楽々 庫内面電圧印加端子
扉の開閉がボタン操作ひとつ


 



▲ページトップへ戻る
Copyright (C) 2008 OHYO. All Rights Reserved.